Back to all Projects

Made in Tohoku

Japan

2011年3月11日、東北地方は壊滅的な津波に襲われました。

100年以上前に遡る観測史上最強の地震による津波。

限定版のTシャツコレクションは、東北地方の工場や作業所に仕事を発注するための取り組みです。

このプロジェクトは、The Inoue Brothersの理念に共感してくれた友人たちとのコラボにより実現しました。

日本の職人技術の伝統と遺産

2011年3月11日に日本の東北地方を壊滅的な津波が襲った時、全世界が唖然としました。

 

 東北はエレクトロニクスから手工芸品に至るまで、広範囲にわたる工場部門と各工場ごとの商品のクオリティが優れていることで有名です。東北ではあらゆる製品の生産活動が常に活発で、現代生活に必要な商品を日本及び世界の市場に提供してきました。この地域の多くの人々は工業と水産業で生計を立てていましたが、津波が海岸を襲った時、一瞬にして全てが破壊されました。

 

伝統的な日本の繊維工業は、市場の需要に合わせて生産を拡大できるよう、協同組合と企業の提携によって支えられています。注文量に応じて、小さな工場と大規模製造工場が一体となり、世界で知られる最高品質の衣類を生産してきました。しかし地震により、すべての規模に渡り多くの工場や作業所が被害を受け、ほとんどの注文が即座に取り消しになりました。

事業を通しての自立援助

東北地方における織物の遺産について学んだThe Inoue Brothersは、東日本大震災発生後2ヶ月目に、操業可能でありながら発注のほとんどない小規模の工場と提携し、シンプルなT-Shirtからなる最初のコレクションを立ち上げました。最初のコレクション以来The Inoue Brothersは、衣類工場の注文が増加して以前のように独り立ち出来るように忍耐強く応援を続けることで、東北地方を支援してきました。

 

リチャード・ウィンザーやLCDサウンドシステムのジェームス・マーフィー 、藤原ヒロシなど同じ考えを持った友人とのコラボにより、支援の土壌を築きあげ事業を通して自立援助を促すことが目標です。

従業員10-15人の小さな縫製工場

人物:工場主佐久間さん

場所:福島県船引町

 

The Inoue Brothersは 2011年5月から地方都市・田村にあるこの小さな製造施設とコラボを続けています。

栗駒藍染め最後の作業所

人物:藍染め職人  千葉さん

場所:宮城県栗駒

 

「藍染」は日本最古の藍色染色技術です。藍染めの伝統には400年以上の歴史があります。

千葉さんは83歳で、栗駒式の最後の藍染め職人です。師匠でもあった祖母は人間国宝でした。

千葉さんには後を継ぐ弟子がいません。

最後の手作り柳生和紙

人物:和紙職人佐藤さん

場所:仙台市

和紙の伝統には1000年以上の歴史があります。柳生和紙は400年以上前の江戸時代に始まった宮城県固有のものです。宮城県は津波で最も被害を受けた地域の一つです。

佐藤さんは85歳で、100%手作りの伝統的な柳生和紙を漉く最後の職人です。佐藤さんには後継ぎがいません。

The Tohoku collection

Next project

Made in The Andes

Peru & Bolivia