Back to all Projects

The Gold of The Andes

Peru

ビクーニャ繊維は動物の毛では最上質のものとして知られています。

ビクーニャ

ビクーニャはアンデス山脈の高原に生息する野生動物です。その毛から最高級の繊維が取れるため、長い間ビクーニャは注目されてきました。

 

インカ帝国時代には、チャクという地域社会の共同努力によりビクーニャの繊維が集められました。ビクーニャは何十万もの人々によってじょうご状の罠に集められ、毛刈りが終われば再び解き放たれました。この行事は4年に1度しか行われませんでした。ビクーニャは純金のコートを着た美しい乙女の生まれ変わりだと信じられていました。毛のもつ色合いから別名「アンデスの黄金」と呼ばれる程で、当時の法律でインカの王族以外は身につける事が出来ませんでした。

スペインからの征服(1530年頃)期間中に、ビクーニャに関する伝統と価値が失われてしまいました。その当時から1964年までビクーニャ猟が無制限になったため、ビクーニャの数は6000頭以下にまで減少してしまいました。その結果、1964年に絶滅種と認定され、その保護のためビクーニャ繊維の貿易が禁止されました。

 

それ以来、アンデス当局はチャクの伝統を再確立するための社会政策を実施しこの類い稀なる繊維の販売から出た利益原住民に還元し、昔ながらの伝統を奨励することで、ビクーニャの密猟を防ぐべく、多大な努力を重ねてきました。チャクはインカの伝統をしっかり受け継ぎ、年に1度実施されています。

ポジティブな変化

この様な類い稀な環境により、ビクーニャ繊維は質・量ともに最高級の繊維として現存しています。繊維と同じくらい希少な女性のスペシャリストの手によって選別されたビクーニャ繊維。その繊維でできたThe Inoue Brothersのビクーニャコレクションこそ、世界一の極上ウールコレクションです。

The Inoue Brothersは、この衣類の購入によって創り出されたポジティブな変化こそが本当の贅沢だと確信しています。

True luxury

Next project

Made in Tohoku

Japan